村上選手の今後

村上宗隆選手の今後はどうなるのでしょうか?

もし、メジャーに行けば、王さんの通算本塁打記録の868本が
破られることはないでしょうが、メジャーに行ってバリーボンズの
762本を超えるかもしれない。メジャーでは全く通用しないかもしれない。

なんといっても、まだ22才。これまでの通算本塁打が156本
王さんが引退したのが40才ですから、あと18年現役を続けたとして、
868-156=712本。

18年間で712本を打つためには、
1シーズンに平均39.5本を打つ必要があります。

相当難しい数字ですが、
出来る人がいるとすれば、村上選手しかいないでしょう。

1シーズンに50本以上のホームランを打った人は、
バレンティン、王、カブレラ、バース、野村、落合、小鶴、松井、村上
だけです。

長いプロ野球の歴の中で、9人だけ(複数年打った人もいます)。

バッティングマシンの進化で、バッターはものすごく速い球、
ものすごい変化球などの練習がいかようにもできるために、
現在のプロ野球は、ずい分と前から打高投低といわれます。

打撃の神様と呼ばれた川上哲治氏は、1941年、9本の本塁打で
ホームラン王になっています。

球場の大きさや、ボールの質などのこともあり、
同じ条件で比較することなどできません。
年間の試合数も違います。

金田投手の400勝と王さんのホームラン記録だけは
絶対に破られることはないと思いますが、
5打席連続ホームランは、
王さんの4打席連続をすでに抜いてしまいました。

昭和の人間としては、
王さんの記録は永遠のものであってほしい、
というのが正直なところです。


中央林間うえだ鍼灸院

baseball3.png

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック